BPAフリーのサバ缶ではまだ危険!? 代わりにBPSが日本人の体内に蓄積していることが判明! 😔 – Seigoのツイート集【2月下旬】

ニュース/レビュー

2月下旬から3月上旬までの私のTwitterにつぶやきやいたもので、大切な情報をこちらに保管しておきます。

缶詰がBPAフリーでもまだ危険?

BPAで生殖能力が落ちるという研究結果がハーバード大学から発表されたことは先日の記事(2020年2月12日)でお伝えしましたが、今回はBPAフリーと書いてある缶詰でもまだ危険があったという報告です。

【サバ缶に訃報】 缶の内側に塗られているBPA(ビスフェノールA)やBPSは、 胎盤のセロトニンを減らし 胎仔の脳の発達を損なう というミズーリ大のマウスを使った研究が発表されてしまいました 。

BPAは環境ホルモンといわれ敬遠されたので、代わりにBPSが多く使われてきたのですが、それも結局同じように体に悪かったみたいです 😔
〇 ミズーリ大のプレスリリース:https://news.missouri.edu/2020/think-all-bpa-free-products-are-safe-not-so-fast-scientists-warn/

そこで 日本人の体内のBPAの濃度を測ってみたら、世界ダントツで尿中に多い ことが見つかりました ⬇️
https://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/41557e6a7c0c6b4e172c7096538cddf2

これもせっせとマスコミがサバ缶を国民に推奨したからでしょうか?

これからはBPAやBPSが塗られていない缶詰を求めましょう!

BPA(ビスフェノールA)やBPSで胎児の脳の発達が損なわれことを報告した論文はこちらです ⬇️
https://www.pnas.org/content/early/2020/02/14/1919563117

Twitter上でのツイート ↓

免疫力を強くするフコイダン!

【最新研究】
フコイダンを食べると腸内細菌のルミノコッカス科、そして乳酸菌などの善玉菌が増えてしまうことが証明されてしまいました〜(ネズミの研究だけどね)

フコイダンはコンブやワカメ、もずくに多いネバネバの食物繊維。
腸内細菌のバランスが良くなるということは免疫力も強くなるということ!
⭐️ 次のツイートはルミノコッカス科の菌の話題が続きます〜
https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2016/FO/C6FO00309E#!divAbstract

 

【最新研究】
腸内細菌のルミノコッカス科は肥満を防いでくれていた!

人の腸内細菌の1種であるルミノコッカス科を持っている人が食物繊維を食べると長期間ぽっちゃりさんにならないことが分かったそうです〜

https://www.nature.com/articles/ijo201766

Twitter上でのツイート ↓


関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。