初期のパソコンに無料提供されていた「スタートレック」ってどういうゲーム?

ビンテージ・コンピュータ

《出展:A part of photo By NBC Television – eBay itemphoto frontphoto backpress release, Public Domain, Link (Wikimedia Commons)》

スティーブ・ウォズニアックがAppleIIにバンドルさせるソフトに、なぜか「スタートレック」というゲームが入っていました。Sol-20という組み立てタイプのコンピュータにも「スタートレック」が入っていたようです(「サイエンス(日本経済新聞社) 19776月号」に掲載)。

それほどまでにみんなを魅了したゲームとはどういうものだったのでしょうか?

「スタートレック」というと、当時はまだ映画は作られておらず、1966年からアメリカでテレビのSF番組として放映されていました。そして流行し1971年に大型コンピュータ(ミニコン)用にマイク・メイフィールドという人がゲームを作ったようです(ウィキペディア)。

それはテキストベースのコンピュータゲームで、BASIC言語で書かれていました。

しかし当時は誰が作ったかなどは知らず、会社や大学の大型コンピュータになぜかこのゲームが潜んでて、暇なときに遊んようです。

そのころソフトウェア(ゲーム)は付加的なものであって、無料で使えるのが当然という風潮でした。

その「スタートレック」のゲームが人気だったから初期(1978年頃)のパソコンにも無料でこの「スタートレック」が移植され無料で提供されていました。

YouTube で「スタートレック」のゲームありましたので、ご興味がある方はご覧下さい。

Apple II

レトロゲーム10/スタートレック:Star Trek (1979, Apple II game)

その後日本のパソコンにも移植され、グラフィックが強化されたバージョンです。

PC-8801 オールキャストスタートレック ↓


Seigoの追記

私は1982年頃に最初のパソコンを購入しましたが、なぜかこのゲームを目にしたことはありませんでした。

たぶんテキストベースのゲームがつまらなそうに見えたからでしょう。

しかし今になってそんなゲームがあったと知り、しかもパソコンのはるか前の大型コンピューターの時代から遊ばれていたとなると、テキストベースであっても感慨深いものがあります。

1971年に作られたゲームとありますが、最初のアーケードゲームも1971年から出現したとウィキペディアに書いてありました。

コンピューターゲームが本格的に人々に広まり始めたのはこの1970年代からなんですね。

私はいい時代に生まれてきたなあ改めて思いました 😀

Seigo

20余年アメリカで遺伝子治療&幹細胞の研究者をやってました。

アメリカ生活で学んだアンチエイジングなど健康に関する知識をシェアしたいと思います。

巷の情報もご紹介、時にはブッた斬ったりしてしまうかもしれません

またポイントなどの節約術や生活に便利なガジェット(スマホやアプリの紹介)も記事にしますので参考になれば嬉しいです

皆さん、ご一緒に「究極のヘルシーライフ」を楽しみましょう

《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。