足裏デトックスフットバスって嘘!? 電極つきフットバスとの違いと体験談

ニュース/レビュー

「最近疲れが溜まっているな」という方は、体に老廃物が溜まっているのかもしれませんよ?

そんな時はデトックスをして体内の老廃物を出してしまいましょう。

フットバスにデトックス効果があるなんて聞いたことありますよね。しかし、巷ではこのフットバスにデトックス効果が本当にあるのか疑問視されています。

ここではフットバスはデトックスに効果があると言われてるのは本当なのかどうかを体験も交えてご紹介したいと思います。

フットバスって?

電極なしの普通のフットバス(出典:by ふくわらい/写真AC)


フットバスとは、お湯をはってその中に足を入れて温まることです。

スイッチを押すと電気の力で足をマッサージするものが人気があります。おそらく1度は見たことがあるかもしれませんね。ボコボコと泡が出て気持ちのいいものです。温泉施設やスポーツジムにおいてあるのも見かけます。

古来より足を温めるのは健康に良いとされています。

温めることで血行が良くなり

🔵 冷え性やむくみが改善したり
🔵 肝臓が元気になって代謝がアップしたり
🔵 自律神経を整えたり

などたくさんの効果が期待できます。

リラックスしたり肝臓の働きが良くなれば、解毒も促すかもしれません。温泉街等で見かける足湯も元々は旅先の疲れを癒す為に設置されていました。その足湯が自宅にいながら楽しめて健康的になるのですからフットバスを使用するのはオススメです。

フットバスは健康的


フットバスは主に次の4つの効果があると考えられています。

冷え性

足元から温める事で血行促進を促し、全身の血流を良くします。血流が改善されると冷え性効果にも期待できます。足元を温めると全身が温かくなりますので、足浴は冬の寝る前などに行うとより効果が期待できます。

便秘解消

その他にも冷え性が改善されると腸の中も温められ、蠕動運動(腸の動き)も活発になるので便秘解消にも繋がります。腸が冷えてしまうことで便秘になるといわれてますので、全身を温めるフットバスに頼ってみつのも一つの手です。

うつ病予防

身体的効果はもちろんのこと、リラックス出来るので精神的にも良いとされています。交感神経から副交感神経へと移行し、入眠を促したり、うつ病予防も期待できます。

代謝アップ

足を温めると血液が温まって全身に行き渡り、肝臓も元気になります。そのため肝臓の働きがより良くなり代謝がアップしますので、脂肪の分解が進むことでダイエットにもなりますし、たんぱく質などの合成が盛んになったり、免疫細胞が活性化して免疫力がアップしたり、解毒作用が良くなったりなどの効果も期待できるかもしれません。

※ 以上、良く使われている普通のフットバスには「デトックス」に良いとは特に謳われていませんでした。なのでフットバスはデトックスに良いというのは誤って情報が伝わってしまった可能性があります。肝臓を活性化するので少しは解毒作用が高まるかもしれませんが。

それではなぜそのような間違った情報が流布されてしまったのでしょうか?

実はそのデトックス作用のあるフットバスは次でご説明する特別なタイプのフットバスだったのです。

デトックス効果を引き出すには電極つきの “デトックス” フットバス

イメージ画像(出典:by チョコラテ/写真AC)


さてフットバスは色々な健康効果が期待できそうですが、デトックス効果についてはどうでしょうか・・・

実は日本でフットバスと言うと上記のような泡がぶくぶくでてくるものか、足湯のような足を温めるものを指しますが、本場のカナダアメリカではフットバスと言えば、デトックスフットバスまたはイオン・フットバスを指します。

こちらが本命のデトックスを促してくれるフットバスとなります。

著者のオリジナル写真(米国にて)


普通のフットバスと明らかに違うところは、「電極カートリッジ」がついていて、そこからイオンが発生して足にある汗腺 から汗(毒素)の排出を促してくれるそうです。デトックスフットバスの装置は水を温める機能はないので、最初にすこし熱めのお湯を入れておけば30分間気持ちよくフットバスをできる感じです。

お湯の中へは岩塩を少し入れるだけです(水道水の塩素も入ります)。そして電気をオンして30分くらい足をつけておきます。原理は電極と水が電気分解して出てきたイオンと足から出る汗(毒素)が反応して水の色が変わるということで、毒が出た感じがしてとても面白いせいか一時期日本でも流行ったことがあります。(毒素を含んだ汗は透明なのに色がつくとは不思議ですね)

デトックスフットバス終了後にはすごいことに・・・

そして30分後はとても汚い状況になってしまいます・・・(グロ注意?)

著者のオリジナル写真(米国にて)


茶色い成分がすごく多くて、黒い固まりも時々ありました。

この浮いてくる色や形によってないが出てきたかおよそ分かるそうです。

例えば・・・

 デトックスフットバス後の水の色や浮遊物の意味 
オレンジ ← 関節
茶色 ← 肝臓
深緑 ← 胆のう
黄緑 ← 腎臓
・黒 ← 重金属
・白い泡 ← リンパ
・白い点 ← 胃腸
・白い脂肪 ← 内臓
赤 ← 血栓

私はデトックスフットバスを何年もやっておりました。基本だいたい茶色で、それは肝臓から来る毒素だと言われています。また時々、黒い点のようなものが出たりして、それは重金属のことが多いそうです(マグロや鮭などの大型魚からくる水銀やアルミ鍋や缶詰のアルミニウム)。また私の知り合いはオレンジ色が出ていてそれは関節から来ているとのことです。滅多にいないそうですが、ぜんぜん毒が体内に溜まってない人は水の色はそんなに変わらず浮遊物もないそうです。

デトックスフットバス後は足をエッセンシャルオイルで閉める

著者のオリジナル写真(米国にて)


デトックスフットバス終了後にはマッサージオイル(写真の一番左)にエッセンシャル(アロマ)オイル3種類〔ラベンダー、ペパーミント、Valor(レモングラスとゼラニウムのブレンド)〕を数滴ずつ垂らし、水と接していた部分につけます。私が行ったところはデトックスフットバスのスペシャリストの方がこのアロマオイルを塗って下さいました。それがとても気持ち良かったです。

デトックスフットバスの後はマルチビタミンを摂る

悪い物質も出してくれますが、良い成分や栄養分も一緒に足から出て行ってしまうので、デトックスフットバスをしたあとはなるべくマルチビタミンのサプリを取るように指導されます。

そして次の朝は、世界が明るく見えるよえうになったかと錯覚するくらい、視野が良くなり体が軽くなったような感覚がします。
これもデトックスフットバスの効果を実感する瞬間です。

デトックスフットバスをした後の体の変化

デトックスフットバスをした後の調子はまちまちで、体が軽くなって元気になる人もいれば、疲れがでて眠くなる人もいます。私は後者でした。

私は普段は全く疲れは感じないで夜中まで研究をするタイプでしたが、フットバスをすると隠れていた疲れがでるのかとても眠くなります。なのでフットバスをした日は何もせずゆっくりリラックするようにしていました。

私の友人は全く逆で、普段はすごく疲れていて朝の目覚めも悪いのですが、デトックスフットバスの直後に元気になってその辺を走り回ってました 😄

デトックスフットバスをやり始めた時は、上の写真のようにたくさん茶色いものが出てきたのですが、その頃の食生活は特に食材にこだわってなく、農薬野菜も食べていましたし、魚も水銀を気にせずにマグロや鮭を食べていました。実家ではアルミ鍋も使っていましたし、ベイキングパウダーもアルミニウムなしのものなんてなかったと思います。また虫歯も多くたくさん金属の詰め物があったので、さぞかし体に重金属が溜まっていたのでしょう。

私はこのデトックスフットバスを約1〜2ヵ月に一度くらいやりまして(美容院でこのフットバスができたのでついでにやってました)、そして10回くらい繰り返した後にやっと色があまり出なくなってきました。つまり昔からの毒素がやっと出きったという感じでした。それからは自宅でできるような簡易型のデトックスフットバスを購入して〔米国で安売りしてたもの(2〜3万円)〕を1〜3ヵ月に1度くらいするようにしています。

身体の変化としては、気分的に体は中学生の頃のようにいつも軽い感じです。目に見えることでは白髪や髪の毛がうすくなるのがストップして、老化現象は進まなくなった感じです。もちろんサプリなどもとっていますのでそちらも効いていると思います。今は外食して体がかゆくなってきた時にデトックスフットバスをするとすぐに解消するので重宝しています。

デトックスフットバスは嘘?

米国では少し前にあるテレビ番組で「デトックスフットバスは効果なし、デマ」のようなことを放送していたようですが、普段からメリットを感じている人には「エッエッ、今さらなに言っているの? こんなに優れたところがいっぱいあるのに・・・気づけないなんてかわいそう」といった感じでした。

ただこのデトックス効果については科学的には証明されていないようです。

反論される点は、デトックスフットバスの水の色の変化は電極から出るくる鉄サビなどで足からでてくるものではないという主張です。なぜなら足を入れなくても色は茶色くなるからです。

私も確認しましたが、足を入れなくても確かに茶色くなりますが、それはかなり薄い茶色です。足を入れた時とは濃さもあぶくの立ち方も全然違いました。

ただ、科学的に証明されていないのはそうみたいですが、だからと言って嘘と断言するのは、どこからか圧力がかかってそういう番組を作っているようにしか見えません。

アメリカでは病院以外でする有効な治療行為はことごとくテレビや学会からネガティブな情報が出されあまり流行らないように圧力がかけられてきましたが(カイロプラクティックや代替医療などもそうですね)、トランプ大統領の登場によって状況は少しずつ変わり始めているようです。

今後の展開に期待しましょう 😀

「湿疹」がフットバスで改善

私の友人に起きたことですが、ローフードを食べた後、不幸にも全身に湿疹ができてしまい、痒さのあまりどうしようもなくなって、デトックスフットバスを三日連続で続けたことがあります。

1日目は脂が水の表面に浮いていてそれが足に付くと痒くなると言ってました。この脂に痒い成分があるのかもしれなくて、きっと体の中からでてきたのでしょう。三日続けるとだんだん脂が減っていき3日目に湿疹が治りました。脂も出なくなりました。

これも科学的に証明されていない事だと思いますが、友人に摂ってはデトックスバスが有効的ななのは「経験的に真実」なのですよね!

まとめ

フットバスとデトックスフットバスの違いはデトックスフットバスは毒出し効果に特化したいわばアドバンスな(高度に進化した)フットバスといえるでしょう。

ですからデトックスフットバスは機会があれば、日頃溜まっているかもしれない毒を排泄するということで機会がありましたら試されてみてもいいと思います。

業務用のデトックスフットバスはお値段が10〜40万円くらいするそうで扱うには資格が必要のようでした(米国の場合はフットバス専用のスペシャリストがいました)。

デトックスフットバスで重金属は排出されるのか?

またデトックスフットバスの長所として重金属を体から出してくれる作用があるそうですが(これも科学的には証明されていないかも)、私はその作用はすごく弱いと感じています。弱いというのは出ないということではなく、効果を出すには10回(1回30分、一週間おき)くらい繰り返さないと効果が出ないのではないかと経験上考えています。

といいますのも、重金属は体の奥に蓄積しているもので、特に水銀は生物濃縮して高次消費者になるほど量が増えていくものであり、体内の骨や筋肉の奥に蓄積していくことを考えると、ちょっとやそっとで出るものではないであろうと予想しているからです。

ただデトックスフットバスには科学では証明されていないミラクルな効果もありそうなので、その出てき来づらい重金属を出してくれる魔法のような効果があるなら、ぜひ科学的に調べてもらいたいものですよね。

 重金属汚染を起こす食品と有害金属の種類 
① 農薬野菜ヒジキを食べてしまった時、殺虫剤使用後ヒ素, カドミウム, の除去)
② マグロを食べた後(水銀の除去)
③ アルミ鍋, アルミ缶, アルミホイル, 歯磨き粉, 胃腸薬, ベイキングパウダーの使用後(アルミニウムの除去)
④ 排気ガス, プラスチック製品, タバコに接した後(カドミウムの除去)
⑤ マーガリンを食べた後(ニッケルを除去)

以上のような重金属などに食べた/触れた後は、重金属の蓄積を気にする必要がありますので、サプリなどと併用してデトックスしていきたいものです。

私は研究者ですので科学的に証明されていないのであれば、ぜひそれを証明したいですが、時間とお金ができ次第ぜひ調べていきたいです 😄

フットバスよりも簡単な足裏樹液シート

似たようなもので足裏樹液シートというものが販売されています。

こちらは足に貼って寝るだけで毒出し完了というお手軽な商品で、デトックスフットバスより少し効きが弱いかもしれませんが、足がサラサラになり気持ちいいです。

使い終わった足裏樹液シートは茶色くなっていていることが多く、毒が足から出ていたのかもしれませんね。

> <足裏シート>楽天11年連続No.1!!足パンパン対策で翌朝スッキリ!快足安眠『薬草genki樹液シート EX』1セット52枚入(粘着テープ付)【楽天】

皆さんもフットバスで体もキレイにそして軽い気分で、ヘルシーライフを楽しみましょう!
Seigo

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。