コンビニのファスティングジュースの選び方: プチ断食の効果・効能, やり方まで

ニュース/レビュー

仕事が忙しくて外食ばかりだし、疲れた・・・最近食べ過ぎてなんかだるい・・・など調子がイマイチで復活したいと思われている方はファスティングジュースを試してみたいかもしれません。

でも面倒?どうやったらとちょっと敷居が高いような気もするかもしれませんが、意外と楽ちんです。

今回はちょっとリセットしてくれる楽なファスティングジュースについてご紹介します。

ファスティングとは?

イメージ画像(出典:Evita OchelによるPixabayからの画像)


いつものように仕事をしたり、普通に生活しながらちょっとしたプチ断食すること ー ファスティング(fasting、断食)ー と言います。

本来、断食は食事を全くせずに水だけで行うものですが、仕事を続けながらは辛いですよね。そこで、ジュースや酵素ドリンクなどで栄養を補いながら行う(主食を摂らない)ファスティングが人気です。

ファスティングは体に必要な栄養(エネルギー)を最小限にして新陳代謝を促し体のバランスを整える健康法の1つなのです。ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素を摂取するので、安全性が高い断食と言えます。

プチ断食半日や1日行うファスティングですが、週末に手軽にできます。暴飲暴食や多くの仕事でストレスが溜まった時など、生活のリズムが乱れて胃腸に負担がかかった時にはファスティングが効果的です。腸内環境を整えることができるからです。

腸内環境が良くなると腸内細菌が元気になって免疫力が高まり、体内に侵入した病原菌や有害物質は排出されます。ファスティングの後の回復食食物繊維をよく利用しますが、これは腸内の老廃物を吸収し、善玉菌を増やす働きがあるからです。乳酸菌やビフィズス菌を含む発酵食品も、善玉菌を増やして腸内環境を改善します。

腸内環境を悪くし回復食に適さない食材は、糖質グルテンカゼインです。糖質腸内のカンジダ菌を増殖させ、栄養素やアミノ酸の吸収を阻害して新陳代謝を抑えてしまいます小麦などのグルテンアレルギーを引き起こしたリ、小腸の粘膜が炎症を起こし栄養素の吸収を阻害して体調を崩してしまいます。牛乳に含まれるカゼインも、腸の吸収を阻害して悪玉菌を増やします。いずれも腸の働きを悪化させるので、回復食食材としては避けた方が良いようです。

一般のファスティングジュースはどんなものがあるの?

イメージ画像(出典:PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像)


市販されているジュースには、トマトや野菜のジュース、スムージー、コールドプレスジュースなどがあります。最近は、ダイエット目的のクレンズ(浄化)ジュースも見かけます。

女性の間で人気なのが、新鮮な野菜とフルーツをミキサーで粉砕したスムージーです。野菜やフルーツを丸ごと粉砕するので、ビタミンやミネラル、食物繊維や皮に多い抗酸化物質を余すことなく摂取できます。食物繊維でとろみがあるので、一杯飲めばけっこう満足感が得られます。

さらに低速回転で材料に熱をかけずに強い圧力ですり潰すスロージューサーという機械で搾ったジュースを「コールドプレスジュース」と言います。従来のミキサーやジューサーは、高速回転で材料を絞るので、熱が加わったり空気と混ざって酸化が進み栄養素や酵素は分解してしまいます。対してコールドプレスジュースは低温でゆっくりと搾るため、栄養素や酵素の分解を最小限に抑えています。ただし、コールドプレスジュースは果汁のみなので繊維質は取り除かれています。繊維質を摂りたいならスムージーが効果的です。

コンビニで売っているパックに入った野菜やフルーツのジュースは、濃縮還元製法とストレート製法のものがありますが、基本的にどちらも加熱殺菌処理を行っています。ビタミンCや酵素は破壊されているので、それらの栄養素などはパックに充填する前に添加されています。またどのような添加物が含まれているかを確認してください。上記で述べた、腸の働きを阻害するような成分が添加されていれば、ファスティングには向いていません。さらに農薬や化学肥料や汚染した土で栽培された野菜により余計な化学物質が体に入ってしまうので、ファスティングの毒出しとしての効果は下がってしまうかもしれません。

コンビニのファスティングジュースの選び方はこれだ!

イメージ画像(出典:xxolgaxxによるPixabayからの画像)


選ぶポイントは
① 無添加であること
増粘剤や保存料、着色料や香料、糖分などが添加されていないかどうかです。酵素の働きを阻害して栄養成分を充分に吸収できなくなるからです。

② 腸内環境を改善するかどうか
酵素や乳酸菌、食物繊維が含まれているかどうか。グルテンやカゼイン、余分な糖質が含まれていないかどうか。飲みやすくするために企業が人工甘味料や香料をブレンドしたものは避けたいですね。

自宅でオーガニックの野菜や果物でジュースを作ればベストですが、仕事を抱えているとやはり面倒です。そんな時はコンビニでもファスティング用の各種ジュースも置いています。

代表的なものは
①グリーンスムージー
葉野菜のジュースで、砂糖・香料不使用のものが理想です。

②各種スムージー
一般的には野菜とフルーツを使用したスムージーです。
スーパーフードのアサイーやチアシードを主原料としたスムージーもあります。
パウチ容器入りで、ビタミンやポリフェノールなどを添加したものもあります。

③野菜ジュース
黄緑色野菜のスムージーです。砂糖、食塩、人工甘味料無添加品を選んでください。
カゴメや伊藤園の紙パックの商品があります。

人気があり高価なコールドプレスジュースや酵素ドリンクやコンブチャなどは、コンビニには置いていないようです。

いつ始めるのがベストか?

まず試しに一食だけジュースに置き換えるのがいいですが、一番効果的と言われるのはです。

朝は胃腸が活発になって老廃物を出す時間帯だと言われています。ですので、1日でも週末だけでも毎日でも朝が良いようです。

またできる方は丸1〜3日ほどジュースのみというのも、より腸が休めていいかもしれません。

そのあとは急にドカンとこってりしたものを食べるのは胃腸に急激な負担がかかるので避けた方が良いです。

また血糖の調整が上手くいかない方は低血糖に注意して行ってください。

簡単に挑戦できます。まずは一食をファスティングジュースに置き換えて、チャレンジしてみてはいかがでしょうか? 思わぬ効果が得られるかも・・・ 😀

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。