知らない間に副腎疲労 ( ^^; ) – 発見の経緯と検査結果、サプリの組み合わせもご紹介

健康増進

〔記事執筆:2017年11月4日、更新:2018年8月9日〕

今回は私の副腎疲労が見つかった経緯と、使用したサプリの種類、3ヵ月後の検査結果を披露致します。

私は自分の副腎疲労に気づかなかったので、隠れた病なのかも知れません。

どなたかの参考になれば幸いです。

症状はほとんどなく、ゲリ気味というだけだった

研究で平均12時間以上働いていた頃どうもお腹を下しがちだったので医者行きましたが異常なしと言われました

しかしあきらめずにカイロプラクティックドクターの(ほとんどホームドクターとしてお世話になっている)ジョー先生診ていただくことにしました

実はこの時初めてジョー先生にお会いしたのですが、相談したときに先生が最初にこうおっしゃったことを覚えています。

「それではその原因を根本的に突き止め治していきましょう!」と。この言葉にビックリしました。

こんな風に言ってくれた医者これまでいなかったからです。

「根本的に治す」っておっしゃって頂いたことにただ素直にスゴイなと思ってしまいました。

なぜなら普通のお医者さんは、根本の原因を突き止めるというよりは、出ている症状をただ抑える(頭痛や鼻水)というのが一般的だからです

だから根本的に治すといった、ある意味患者側にたって一生懸命治療に努めてくださる先生を見たことがなかったのです。


ジョー先生(カイロプラクター)の治療方針は西洋医学とは違う

ジョー先生の場合は病気の根本原因をつきとめ、副作用のある西洋医学の「薬」は極力使わず、副作用のないサプリメントなどを利用して人間の自然治癒力を高めて治すという方針なので、西洋医学とは根本的な考え方から違っているのです。

経験した人なら分かるでしょうが、治療法のレベルや正確さでいえば西洋医学より上だと思います

自分の症状は「お腹を下しやすい」ということなので悪いところはてっきりにあると思っていましたが、意外なことに先生は「腸が悪いということは胃が悪いからです」といわれ、そして「胃が悪い原因は子供の時に背骨に傷を負ったか、副腎が疲労しているかのどちらかだ」とまで2つの可能性を指摘されました

先生は西洋医学だけではなく東洋医学(カイロプラクティックを通して)も熟知していらっしゃるようで、東洋医学の知識から胃のトラブルの原因となるのは背骨か副腎疲労のどちらかだと経験的にご存知だったのです


ジョー先生の言われた通り副腎疲労であると検査結果が出た 😔

次のステップとして副腎疲労の度合いを調べるためにコルチゾールと DHEA 1日の変化量を唾液サンプルから測定する検査を依頼しました。以下がその結果です。


驚いたことに、コルチゾールと DHEA の量が共に低いため「副腎疲労」と診断されてしまいました。

自分は疲れているなんて全く気づかず、仕事は気が張って症状が出ていることさえ知らないなんて情けないと思いました。

とりあえずジョー先生のご指摘がなかったら発見できなかった病気がわかり本当に嬉しいですし、ラッキーでした

早速、副腎疲労を治すためのサプリを3種類を処方していただきました。

 

以下にはSeigo用に選ばれた3つのサプリの情報をシェアさせていただきます。3つのサプリの説明は別のページで紹介し、なるべく翻訳致しました。

※ どのサプリが合うか異なっているようなので、ジョー先生は一人一人キネシオロジーでベストなもの選んでおりました。どのくらいの量を日に何回とるかも、一人一人違います。

Seigo用に選ばれた副腎疲労用サプリ(3つ)

1) AdrenaStim (KR-15)

アドレナスティムは副腎を刺激して元気にするタイプのクリーム。腕の内側やヒザの内側に塗ります。
これと似たサプリメントでAdrenaCalmがありますが、こちらはむしろ副腎をリラックスさせるタイプです。副腎疲労の方でこちらが合う方もいます。
※ ここで紹介しているサプリは購入を勧めているものではありません。あくまでこのサイトの執筆者がそのように治したかの情報のシェアが目的です。
処方:腕の内側やひざの後ろ側に朝と晩に塗る。(Seigoの場合)

2) Adaptocrine (K-2)

Adaptocrine™ は、一時的にストレスを感じたり精力的に過ごしたときに体をサポートします。副腎をいたわるビタミンとハーブでできています。
処方:朝と晩に1粒ずつ。(Seigoの場合)

3) DHEA (K-18) Apex Energetics

DHEA (デヒドロエピアンドロステロン)は特に副腎での代謝プロセスをサポートします。

処方:腕の内側やひざの後ろ側に朝と晩に塗る。(Seigoの場合)

サプリを飲んでから3ヵ月後の副腎疲労検査

そして約3ヵ月がたった頃、もう一度唾液検査を受けました。


なんとコルチゾールも DHEAも正常範囲になり、副腎疲労から健常者レベルになってしまいました! 恐るべしジョー先生、3ヵ月でサプリだけで治してしまうとは!

3種類のサプリをたった3ヵ月とっただけで検査結果に反映するほど正常化させてしまうは一体どういうことなのだろうか?

 ❓️ サプリの成分は体が足りない物質やその原材料を補い外から補充しだけなぜ正常値に回復してしまったのでしょうか?

 ❓️ 材料がそろえば、自然治癒力が増し自分の力で治るということなのでしょうか?

これがきっかけジョー先生のすごさがどんどんわかってきて、後の若返り効果を探求する最も強力なアドバイザーとなっていくのでありました 😄

それでは、皆さんも副腎疲労に無縁な、元気な生活を送ってしまいましょう!

20余年アメリカで遺伝子治療&幹細胞の研究者をやってました。

アメリカ生活で学んだアンチエイジングなど健康に関する知識をシェアしたいと思います。

巷の情報もご紹介、時にはブッた斬ったりしてしまうかもしれません

またポイントなどの節約術や生活に便利なガジェット(スマホやアプリの紹介)も記事にしますので参考になれば嬉しいです

皆さん、ご一緒に「究極のヘルシーライフ」を楽しみましょう

《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。