トマトジュースで簡単ダイエット&美白効果を導く方法は?

健康情報

トマトに含まれるリコピンカリウムで、ダイエットデトックス効果があるようですね。

ビタミンCグルタチオンも含まれているので、美白効果も期待できるかもしれません。

今回は夏が近いのでトマトの美白効果について詳しく見ていきましょう。

夏野菜はダイエットに良い?

イメージ画像(出典:OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像)


夏野菜の代表と言えば、トマトやナス、トウモロコシ、ピーマン、ゴーヤ、そしてキューリなど色鮮やかなものが多く、食卓に並べば食欲も湧いてきます。
5月~7月にかけてスーパーの店頭にたくさん並んでいます。

夏野菜の特徴は、体温を下げる作用があることです。暑い夏を乗り切るために夏野菜をしっかりと食べるのは、日本人が昔から学んできた知恵とも言えます。

これらの「陰性」の食材に共通しているものがあります。それは「カリウム」と「水分」が多いこと。カリウムは人間にとって大事な五大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル)のミネラルの1つです。身体の機能を保つために欠かせないミネラルです。

大事な機能のひとつは、摂取した塩分(ナトリウム)を排出する作用です。日本人は塩分を取り過ぎる傾向にあり高血圧になりやすく、腎臓に負担をかけたり脳卒中や認知症を起きやすくしている可能性があるのです。それを防止する作用があるカリウムを含む食材を適度に摂取することは大切なことです。それには、夏野菜がうってつけなのです。

塩分の取摂り過ぎ運動不足は、皮膚に水分が溜まりやすくなり、顔や脚のむくみの原因になります。カリウム筋肉の動きを助ける作用もあり、運動により脂肪燃焼を促進する作用もあります。腸の動きを助けて便秘の改善にも効果があるそうです。
ここまでは、夏野菜のカリウムについての説明です。次は、夏野菜のなかのトマトについて解説します。

トマトの効果はリコピンのせい?それ以外の成分は何があるの?


夏野菜の代表ともいえるトマトですが、ダイエットにも美肌にも効果があるようです。つまり、トマトはデトックス効果抗酸化作用が強いのです。この働きをするのが、「リコピン」という成分です。リコピンの抗酸化力は、β-カロテンの2倍以上ビタミンEの約100倍とも言われ、アンチエイジング効果があります。

リコピン以外にも、抗酸化性が高いポリフェノールL-アスコルビン酸(ビタミンC)グルタチオン(GSH)などが含まれていて、活性酸素を除去する作用が強いのです。グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンの3種のアミノ酸が結合したペプチドと言う抗酸化物質で、高濃度のグルタチオン点滴では美白効果デトックス効果が期待できます。

よってトマト免疫力を高めてアレルギーを緩和し、身体の中の毒素を排出して肌荒れや日焼けによるダメージを防ぐことができるのです。そして、トマトに含まれるカリウムによる利尿作用食物繊維による便秘の改善によりダイエット効果も期待されるのです。

でも、せっせと毎日トマトを買って食べればよいという訳ではありません。ダイエットを期待するなら、食べ方があるのです。

ダイエットに効果的なトマトの食べ方は?トマトジュース?

トマト(出典:by Couleur/Pixabay)


 

トマトの栄養素をたっぷり摂りたいなら、新鮮なとれたての生トマトを食べるよりも、完熟トマトをお薦めします。完熟トマトの方がリコピンが2~3倍にも増えているからです。リコピンの効果を期待するなら、完熟トマトです。

そこで完熟トマトをタイムリーに購入して生で食べるよりも、市販のトマトジュースを摂取する方が楽です。ほとんどのトマトジュースは、完熟トマトを使用します。トマトジュースの製法は、トマトを搾汁後にペースト状にして保管し、出荷時に水分を加えて調整した「濃縮還元」と、搾汁した果汁を冷凍殺菌してボトルに詰めたもの「ストレート」の2種類あります。さらには、有塩、無塩、減塩タイプ、および香料などの添加剤を使用したものがあります。健康志向の目的から、リコピンを添加したものも販売されています。

ダイエットを目的とするなら、無塩減塩タイプが良いでしょう。飲みやすくするために添加されている香料は、合成香料と植物や動物からの天然香料があります。合成香料の中には安全性に不安があるものもあるので、香料無添加の商品を優先した方が良いです。価格的には、濃縮還元のトマトジュースの方がリーズナブルなので、ダイエットを目的に毎日飲みたい方にはお勧めです。加熱処理するとビタミンなどは分解してしまいますが、トマトジュースであれば濃縮還元もストレートも有効成分はしっかり残っています。

ダイエットは本当にできるのか?効果がないという人が多い!?

トマト(出典:Photo-by-Dennis-Klein-on-Unsplash)


食事制限をするダイエットでは、ダイエットを試みると便秘になりやすくなります。炭水化物を減らすので、糖質と同時に食物繊維も摂らなくなるからです。たんぱく質の摂取は増えてきます。これで運動しなければ、便秘になるはずです。

トマトジュースを毎日コップ1杯朝と晩に飲むと、1週間ほどでまずは便が柔らかくなります。食物繊維が豊富に含まれているからです。継続していくとカリウムの作用で利尿作用も見られ、むくみも解消されてきます。デトックス効果で肌荒れも解消されて美肌になってきます。

トマトジュースを飲むタイミングはが理想です。朝に飲むとリコピンの吸収率が高いこと、夜飲むと睡眠中の成長ホルモンの分泌と合わせて作用することができるからです。

ダイエットと美容が目的なら、断然トマトジュースがお勧めです。目的を達成するためには、根気よく続けて飲むことです。(2~3ヵ月間)

ついでに、リコピンの吸収率を高めるための裏ワザは、トマトジュースをホットで飲ことです。トマトの匂いが気になる人には辛いのですが、慣れれば大丈夫です。ダイエットのためにチャレンジしてみてはいかがですか?

ネットから手に入る有機のトマトジュース

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。