パソコン使用者必見!腰痛対策にオススメの椅子 – キーボードを椅子に設置してみた

健康増進

イメージ:リンカーン(Photo by by MonicaVolpin / Pixabay)

椅子はオフィスで働く人やパソコンを長時間使用しなくてはいけない人にとって最も重要な道具です。

椅子がちゃんとしてないと作業効率も上がりませんし、合わない椅子にあたってしまったら、肩こりや腰痛、眼精疲労の原因になってしまうかも知れません。

私はパソコン歴35年以上になりますが、これまで自宅の椅子やオフィスの椅子など合計20種類以上の椅子を使ってきました。

そしていつも自分の体にとってベストなものを選んできたものの1つも満足のできる椅子はありませんでした。

こうなったらもう椅子を工夫するしかない!

ということで、今回は私は世界でベストと考えている「究極の椅子」をご紹介させていただきます。


悪い姿勢の例

イラスト(フリーPhoto(左):びーちゃん / 写真AC;右図は著者が加筆)

ほとんどの方がこの姿勢を取っています。

ノートパソコンは前かがみになりがちで、目線は下がりす。

これでは首に負担がかかってしまいます。

背もたれ全然使っていないので体重は分散することなく、上半身の重さはすべて腰にかかります。

この姿勢では1時間くらい疲れてしまうでしょう。

ノートパソコンに外部ディスプレイへの接続端子がついているなら、

大きなディスプレイに接続し目線平行にするのが良いです。

また背もたれをなるべく使うようにして、腰に全ての上半身の体重がかからないように気をつけましょう。


どのような椅子を選ぶべきか?


長時間椅子に座るには、首を含む上半身の体重をうまく逃がしてあげることが大切です。

それには上記の写真のような背もたれとヘッドサポーターがあるものを選ます。

また腕の重さは肩に掛かってきますので、ひじ掛けを上手く利用するのがベストです。

キーボードやマウスを使うときになるべくひじ掛け使えるように高さを調節します。


超ラクな座り方

 


上のオフィスチェアーはリクライニングを少し後ろに倒します。

このようにイスを後ろに倒すと一見姿勢が悪そうに見えますが、実は体に負担がかかりません。

背中や腰ピッタリ椅子についているので、上半身の体重を分散し腰や肩が非常にラクです。

また背骨は負担のかかるような曲がった状態にはなっていません。

PC画面からも遠くなるので、目も悪くなりませんし、電磁波の影響も随分と減ります

足は台の上にのせるとラクです。

そうすることで腰やハムストリング(太ももの裏側の筋肉)がリラックスした状態となります。

そして首から肩・背中そして腰をピッタリと椅子にもたれかかります。

そうすると全身すごいラクなんすよね~!

長時間パソコン画面を見てても肩こりません。

私は実験のやり過ぎで腰を痛めたことがあるのですが、この方法ですごく助かり長時間座っていても腰痛になることはありませんでした


さらに椅子をグレードアップ

椅子を後ろに倒した時の欠点はキーボードのベストポジションがつかみづらいということでした。

その問題を解消するために次のような方法を考えてみました。


ひじ掛けの上に板をおいて、キーボードとトラックバッドをその上に載せられるようにしました。

つまりキーボードとトラックバッドは机の上でなく、椅子についていす。

これでキーボードが体のすぐ近くに固定され超ラクにタイプとマウス操作ができるようになりました!

よって私にとって究極の椅子となりました!


そもそも座っていることは動物として不自然だから定期的に体を動かす

Photo by StockSnap / Pixabay

長時間椅子に座って肩こりや腰痛は無縁に作業をできるようになったとはいえ、足を使わないでじっとしているのは健康には良くないです。

そもそも人間は外を走っり回って猟をしていた時代が長かったのですから、足を使わないで健康が保てるはずがありません。

よって1時間に1回は椅子から離れて軽い運動をしてあげましょう。

私のもっとも手っ取り早い運動法は階段の駆け上がりです。

太ももの筋肉を使うと若返りホルモンが出るので、できる限り使って上げるようにします。

また上に向かってジャンプするのも良いです。(重力に反発する運動をするのが若返りのコツ。)

さらに5秒ほどでいいですから思いっきり力を出して筋肉を使ってあげると良いです。

無酸素状態が筋肉には良い刺激になるので、5秒間の思いっきり筋肉を使って上げるのがいいです。

手や壁を使って鍛えたい筋肉に思いっきり力を入れて5秒間静止するだけです。

5秒間なので手っ取り早いし道具もいらないです。

その刺激が若返り遺伝子を活性化し、血管からNO (一酸化窒素) を出し血管の若返りに貢献してくれます。





それでは皆さん、長時間座っていても健康的でかつ若返ってしまう運動も加えて、ハッピーライフをエンジョイしてしまいましょう!

Seigo

 

20余年アメリカで遺伝子治療&幹細胞の研究者をやってました。

アメリカ生活で学んだアンチエイジングなど健康に関する知識をシェアしたいと思います。

巷の情報もご紹介、時にはブッた斬ったりしてしまうかもしれません

またポイントなどの節約術や生活に便利なガジェット(スマホやアプリの紹介)も記事にしますので参考になれば嬉しいです

皆さん、ご一緒に「究極のヘルシーライフ」を楽しみましょう

《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。