必ず食べるべきグルメ10選に選ばれた台湾料理フージンツリーが日本初出店【コレド室町テラス2階】

グルテンフリー

台湾でもっとも予約が取りにくいと言われているレストランが、コレド室町テラス2階誠品生活のお隣にやってまいりました。

フージンツリーとは



安さと美味しさで知られる台湾料理ですが、ここはちょっと高級志向です。

シャンパンで楽しむ、今 台湾でも話題の店。

台湾・台北のおしゃれエリア・富錦街(FuJin Street)で人気の台湾料理レストランです。

新鮮な野菜やフルーツをふんだんに取り入れ、お酒と合うようにしっかり味付けされながら油を控えたヘルシーでやさしい味わいは、2018年台湾政府が勧める「必ず食べるべきグルメ10選」に選ばれました。

内容は台湾の伝統的な家庭料理を提供しています。

フージンツリーの料理



新鮮な野菜やフルーツをふんだんに取り入れ、シャンパンやお酒と合うようにしっかり味付けされながらも油を抑えたヘルシーでやさしい味わいの台湾料理です。

人気メニューは「カキと揚げパンのニンニクソース」、

日本では珍しい「睡蓮菜(すいれんさい)と木の実の炒め」など。

なかでも「花ニラとピータン豚挽肉のピリ辛炒め」は名物料理で、ご飯とあわせても絶品です。

また、〆にスープを楽しむのも台湾食文化の特徴です。


フージンツリーのデザート



私が夜に伺ったときはピーナッツが売れ切れていたので、「芋だんごのトウファ」を頼みました。



ドーンとシャーベットが豆乳プリン(トウファ)の上に乗っています。

別の角度から ↓



この角度から見ると中央にトウファがあることがわかります。

トウファ自体は甘くなく、シロップやシャーベットも甘さ控えめでヘルシー感満載です。

芋だんごも甘すぎず自然の美味しさを活かしたお味でした。

ただこれからの季節、シャーベットなので寒いです。

夏にどうぞって感じです。

店内のボタ二カルアート

台北本店の店内アート作品を手がけた台湾ボタニカルアーティスト Lee Chi (リー・チー)氏によるアート作品が日本橋店でも楽しめます。

どこかやわらかく暖かい雰囲気のアートは、フージンツリーの光と風を思い起こさせます。



フージンツリーの場所・行き方



コレド室町テラス2階にあるフージンツリーの位置 〔画像をクリック/タップすると拡大できます〕


<コレド室町テラス(日本橋室町三井タワー)への行き方は前記事を参照>

誠品生活はコレド室町テラスの2階に位置していますが、すべてのスペースが誠品生活に属しているわけではありません。

誠品生活の売り場スペースは2階の約半分で、上の右のマップでピンク色の部分です。

フージンツリーはNo. 5でタピオカ屋さんはNo. 3です。

⭐️ ⭐️ ⭐️

台湾のデザートは日本の戦前のデザートの雰囲気があるものが合って嬉しいです。甘さも抑えめでとてもヘルシーだと思いました。
Seigo

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。