新型コロナウイルスにエイズ(HIV)の配列が入っているか実際に検証【YouTube再投稿】

ニュース/レビュー

⬇️ 動画はこちらです ⬇️

動画の最終版が完成しましたので、2020年3月29日12:00より完全にオープンにYouTube上で公開されます。

目次や問題点も付け加えました。

Seigoはマウスの顔をして登場しています。よろしく〜 m(_ _)m

動画で引用された論文はすべてオープンアクセスで論文内容が無料でご覧になれます。

論文のスクショをクリック/タップするとリンク先へジャンプするようになっています ⬇️

2020年1月上旬に発表された新型コロナウイルスの遺伝子配列

2020年1月上旬に発表された新型コロナウイルスの遺伝子配列(名前に武漢『Wuhan』と書いてある。『Hu』は湖北省の意味。)
アドレス:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/nuccore/1798174254 ⬇️

Wuhan(武漢)と名前を入れてしまうと都合が悪いのか、この遺伝子配列は名前(このページのタイトル)は頻繁に変わるのでご注意ください。

インドの(取り下げられた)論文(エイズの遺伝子が入っているとした)

インドの論文:https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.30.927871v1


検証に使ったHIV-1(エイズ)の配列

HIV-1の配列:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/nuccore/9629357



インドの研究グループがbioRxivにアップした論文によると、参照したHIV-1の配列はタイやケニアの国をソースとしていますが、そのWebアドレスなどは記載されていませんでしたので調べることはできませんでした。

武漢ウイルス研究所が出したNatureの論文

Nature(ON-LINEバージョン, 2020年2月3日):https://www.nature.com/articles/s41586-020-2012-7

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。