キクラゲがなぜ骨粗しょう症に良いとされるのか? ビタミンDを増やす秘密の製法と食べ方は?

テレビ速報

今回は『名医のTHE太鼓判!』の「キクラゲ…ビタミンDの最強食材股関節の痛みを改善」をまとめていきます。(2018年12月17日)

講師:大竹伸一先生(消化器)


長く続く「腰痛」は圧迫骨折の可能性がある

実は長く続く「腰痛」とか「関節痛(ひざ痛も含む)」圧迫骨折が原因の場合があるそうです。骨粗しょう症で骨が弱くなり、知らないうちに骨折し関節痛だと勘違いするケースも多いです。

骨の健康に欠かせない栄養素の代表がカルシウム。
カルシウムの吸収を助ける栄養素で優れたものが熊本県で「みみなば」と呼ばれてきた食材なのです。

みみなばとは「キクラゲ」のこと

熊本県人吉(ひとよし)市にみみなばを生産している農家があります。
人吉市では昔から長寿の妙薬と言われ、僧侶や寺の住職が食べていました。

なぜみみなばと呼ぶの?

「なば」は人吉市の地域では「きのこ」という意味。形が耳に似ている「きのこ」という意味で、「みみなば」になりました。

ちなみにキクラゲは漢字で「木耳」です。

強い骨を作るのに重要なのはカルシウムと並んでビタミンD!

ビタミンDはカルシウムを腸から身体の中へ吸収するのを助ける働きがあります。
そしてキクラゲはきのこの中でもダントツでビタミンDの量が多いのです。


キクラゲはマイタケの6倍もビタミンDが豊富です。

またキクラゲは腸を整える食物繊維もとても多く(食品中食物繊維量が2位)、しかも低カロリーです。
なので美容と健康にもピッタリの食材なのです。

キクラゲの栽培方法

① おがくずなどを固めた菌床にはキクラゲの菌が植え付けられています。
② ここにおよそ3ヵ月水分を与えていくと出てくるのがキクラゲの芽です。
③ そこから3週間ほどでキクラゲに成長するします。
④ 収穫した後は天日干しする。(6時間くらいで乾燥する)

⭐️ キクラゲは日光を長く浴びるほど、ビタミンDが増えるそうです。

そのため太陽を十分に浴び乾燥させたキクラゲは、ビタミンDがより豊富に含まれています。

熊本県人吉(ひとよし)市ではどのようにキクラゲを食べているか?

🔵 キクラゲ茶:炒ったキクラゲにお湯を入れお茶を作っていました。残ったキクラゲをきちんと食べるのがポイント。お塩を一つまみ入れるとさらに美味しい!

🔵 キクラゲコロッケ:ビタミンDは油に溶けやすいのでコロッケにすると吸収効率が上がので理にかなっています。

クイズ:キクラゲを1日にどのくらい食べれば健康効果が出るの?

答え:1日6g(乾燥キクラゲが6枚くらい)

クイズ:血中ビタミンDを上げるにはどのくらいの期間キクラゲを食べ続ければ良いか?

答え:2週間

番組では3人の方にキクラゲを毎日食べる食事を実践してもらい、2週間という短い期間ではなかなかあがらない血中ビタミンDの値が全員上がりました。

ネットで購入できるキクラゲ

食べやすいキクラゲのパウダータイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【きくらげ粉末マイクロパウダー140g】国産大分産原木栽培干しきくらげ【送料別】
価格:2160円(税込、送料別) (2018/12/17時点)




楽天で購入
 

 

キクラゲのサプリ

忙しい人にはサプリタイプが便利かもしれません。

きくらげ 国産 サプリメント きくらげの力 90粒 送料無料 【楽天】
 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。