ヨーグルトを食前に食べるとビフィズス菌が99%死ぬ! 冷蔵庫で0度に冷やしてもダメ!

テレビ速報

この差って何ですか?
2018年7月31日の放送内容
「発酵食品」の健康食品の差

今回はヨーグルトに関して2つの驚きの事実が番組で放送されました。
・ヨーグルトを食前に食べるとビフィズス菌が99%死ぬ!
・ヨーグルトはチルドに保存するとビフィズス菌は冬眠状態から覚めず、腸を素通りしてしまう
これらの情報を中心にまとめていきます。

講師:白澤卓二 先生(お茶の水健康長寿クリニック 院長


「ビフィズス菌」をより効果的にとるには冷蔵庫のどこに保存したほうがよいか?「冷蔵室(3~5℃)」「チルド室(約0℃)」のどっち?

答え:「冷蔵室(3~5℃)」

白澤先生:チルド室(約0℃)に保存するとビフィズス菌は冬眠状態から覚めないので腸を素通りしてしまいます。人間の体温である37℃に5〜6時間置いても起きないのです。

理想的なヨーグルトを食べる前の準備:チルド室ではなく3〜5℃の冷蔵室に保存しておき、食べる前は30分くらい常温に戻してからとると、ビフィズス菌が体の中で活動できます。

クイズ:「便秘解消」により効果的なヨーグルトを食べるタイミングは「食前」「食後」どっち?

答え:「食後」
ヨーグルトには善玉菌である「乳酸菌」と「ビフィズス菌」が豊富に含まれており「ビフィズス菌」は「悪玉菌」を減らしてくれるので「便秘解消」に効果があります。
食前の空腹時は胃の中は胃酸が多く強い酸性になっており「ビフィズス菌」は酸に弱いため99%が死んでしまいます。
「食後」は胃酸が食べ物によって中和されて酸性が弱くなっている状態なので、「ビフィズス菌」が生きたまま腸内に届きます。

菌が死んでも大丈夫ですか?

死んだ菌体は腸の中で生きている「ビフィズス菌」のエサになり数が増えますので、たとえ菌が死んでしまっても全く役立たないわけではありません。

クイズ:ヨーグルトを食べるタイミングは朝・昼・晩のいつの食後が良い?

答え:夕食後
白澤先生:1日の腸の活動を見ると、朝や日中の活動している時間帯は腸が活発に働いているので「ビフィズス菌」は腸の活動によって流されやすいです。一方、夜の睡眠時は腸の活動が緩やかになり「ビフィズス菌」が腸内に留まる時間が圧倒的に長いのです。「ビフィズス菌」が消化管に留まっている時間が長い程、増えるチャンスがあるため「夕食後」に食べるのが「便秘解消」のためには良いです。

⭐️ ⭐️ ⭐️


発酵食品としてのチーズ

「紫外線対策」に効果的なのは「チーズ」です。夏はたくさんの汗をかくので体内の「カルシウム」が減少しています。「カルシウム」が不足すると、肌の水分を保持する力が弱まってしまい、肌のバリア機能が低下してしまうので、紫外線によるシミや肌荒れを引き起こしやすくなります。「チーズ」は牛乳が「乳酸菌」で固まってできており「カルシウム」が豊富に含まれていて「紫外線対策」に効果があります。

クイズ:「紫外線対策」でより効果があるのは「柔らかいタイプのチーズ」「硬いタイプのチーズ」どっち?

答え:「硬いタイプのチーズ」
白澤先生:乳酸菌が牛乳を固めていく過程で「カルシウム」を凝縮してくれるので、硬ければ硬いほど濃縮効果が高いといえます。「カルシウム」の含有量を比べると、牛乳が100gあたり110mgなのに対し、「ゴーダチーズ」は680mgと約6倍の濃縮効果がある。そのため、牛乳を飲むよりもチーズを食べた方が「カルシウム」の量がたくさんとれます。

「カルシウム」含有量(100gあたり)
クリームチーズ    70mg
モッツァレラチーズ  330mg
ゴーダチーズ     680mg
チェダーチーズ    740mg
《出展:日本食品標準成分表2015》

上のチーズのリストは下に行くほど硬いチーズです。硬さに応じて「カルシウム」の量が多いことが分かります。

「カルシウム」の吸収率を上げる食べ合わせは?

白澤先生のオススメは「しらす」です。
「しらす」には「ビタミンD」が豊富に含まれており「カルシウム」の吸収が10%アップします。

硬いチェダーチーズ & ふりかけ用パルメザンチーズ

(出展:https://item.rakuten.co.jp
オーストラリア チェダー
約1Kgカット
Land of Harvest
楽天で詳細をみる


(出展:https://item.rakuten.co.jp

クラフト パルメザンチーズ
80g
楽天で詳細をみる

 

20余年アメリカで遺伝子治療&幹細胞の研究者をやってました。

アメリカ生活で学んだアンチエイジングなど健康に関する知識をシェアしたいと思います。

巷の情報もご紹介、時にはブッた斬ったりしてしまうかもしれません

またポイントなどの節約術や生活に便利なガジェット(スマホやアプリの紹介)も記事にしますので参考になれば嬉しいです

皆さん、ご一緒に「究極のヘルシーライフ」を楽しみましょう

《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。