若返りのコツ-11 金属アレルギー検査:歯の詰め物編

今回は歯のことについて話したいと思います。

歯を健康に保つことは私が改めていうまでもなく大変大切ですが、虫歯のあとに埋める金属にアレルギーがあるかどうか調べられるのでご報告致します。

 きっかけは LA Yelp! の評価がすこぶる良い歯医者のYokoyama 先生です(http://www.dentalhealing.com/)。歯の詰め物も体に良いものを選んでくれますし、麻酔も最小限にしてくれます(最新の極細針を使った麻酔なのでぜんぜん痛くなく、個人的にはそれが一番嬉しかったです 😄)。

 アマルガムを除去するときも腔内や環境を全く汚染することなく細心の注意を払って取り去られます。また院内にトキシックでない壁やフィルター水の使用など環境に配慮されています。

ここで最初に勧められた検査がどの金属にアレルギーがあるか」を調べる血液検査です。別に強制でないのですが私はそのことに大変興味があったので受けてみました。

結果が来てビックリです。何千種類(いや何万?)の金属と私の血液が反応するかどうか(アレルギーがあるか)の分厚いレポートが届けられました。


143ページにわたるレポートです。その中のあるページは163種類のアマルガム化合物(おそらくアメリカ全土で使われている全てのアマルガム)が調べられていて(中央の写真の赤枠)、すべての化合物は私の体に合わないと出ました。



それ以外で面白かったのは、金の詰め物の項目で14金はダメですが24金なら体に悪さしないという結果でした。24金は 99.99%以上が金ですが、14金は58.5%です。他の金属が合わないのでしょう。金は体にアレルギーを起こしにくい物質なんですね。

そしてそのレポートの表紙には全ての金属に対するアレルギーのサマリーが載っておりReactive Components(反応する成分)としてリストアップされています。

私の体に合わない成分:
アルミニウム・グループ
ホルムアルデヒド
銅グループ
水銀グループ
ニッケル・グループ
銀グループ
サーモサル・グループ
・・・などなど
ホルムアルデヒドやサーモサルはワクチンによく入っている成分なので、インフルエンザの時は気をつけなくてはいけないということでしょう。
それとは逆に反応しないグループというリストもあって、それを見ながら歯医者さんが私の体に合う詰め物をつかって治療していただけます。
私はこれを知ってか日本で詰めてもらったアマルガムやその他の金属は全部除いてしまい、自分に反応を起こさないセラミックでできた白い詰め物に置きかえました。日本ではセラミックは高く保険がきかないと聞いており、アメリカの職場の保険では30%カバーされるということなので、思い切って全部セラミックに置きかえました。
セラミックの歯は一カ所が約13万円くらいかかるので、その月は赤字になることがよくありました。それでもがんばって全部変えて、おかげで今では子供に返ったようにすべての歯が白く、思いっきり笑っても恥ずかしくない健康的に見える歯になってしまいました 😄
それでは皆さんも体に安全な歯にして、そしてガンガンに野菜、玄米そして肉を噛みまくって、ますます健康になってしまいましょう!
Seigo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする