若返りのコツ-2.5 塩素の入っていないお風呂

若返りのコツ

日本人はなぜ長生きなのか?

その理由の半分をしめるのは、日本人はお風呂に入るからだと私は考えています

シャワーだけじゃないですよ、お湯につかることが大切だと思います

 

さて、今回の若返りのコツは、そのお風呂をどうやってもっと安心に、心地よく入るかに焦点を当ててみたいと思います。

まず一番大切なのは、塩素をどうやってとり除くかということです

敏感な人だとお風呂の水(水道水)に入っている塩素で身体がかゆくなったりします

髪の毛にもよいはずがありません

お風呂の水は大量に使うので、逆浸透膜で精製した水を使用するのは経済的ではないでしょう

そこで、お風呂の水には塩素イオンを除去するクリスタルボールを使用します(有害な塩素イオンを無害な塩化物イオンに変換してくれます)


お風呂に入れて塩素が除去されるのを待っているところ(約5分)Crystal ball の外側のカバーは外してある(乾かすときに早く乾くので)


また、このクリスタルボールは水のクラスターを小さくする作用もあります 😀

このボールは米国だったら簡単に手に入るのですが、日本でしたらビタミンCの粉末を入れるのが一般的かもしれません

高品質ビタミンC粉末100%


アマゾンで売っています 😀  アドレスはここです↓

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004IMOJVM/isehakusandou-22/ref=as_li_ss_tl

 

そして塩素を除去した後は、空気や水の時と同じように、良いものをお湯の中にプラスします

それは自然のミネラルです

シーソルト(Sea Salt = 海の塩)やヒマラヤの赤みがかった岩塩などが良いです


私たちは生活の中で電磁波にサラされながら生活しています

携帯、電子レンジ、テレビ、満員電車、電磁調理器、シェーバー、、、

知らず知らずの間に身体はその電磁波の影響を受け、疲れています

身体から電磁波の影響を取りのぞく一番手軽な方法は、電磁波のない環境にいくことです

海とか山とか・・・

でも私たちが毎日仕事の後にそのような場所に行く時間はありません

そこで、手っ取り早く、お風呂の中に海の塩を入れれば、これと同じ効果が出るという、たいへんお手軽な方法です 😀

海の塩はだいたい 40〜50g(大さじ3〜4杯)くらいです。

(水の配管がさびるのが気になる人は、お風呂を流した後に水道水をしばらく流せば、塩水は洗い流せます。)

さらにもう一つ付け加えておくと、私の若返りのコツは、最後にお風呂からでるときに、お湯の温度を上げてカーッと身体を熱くしてから出るようにしています

そのあと汗をたくさん出します(安上がりのデトックス法だよ 😀)

 

それから最後に忘れてはいけない、シャワーの塩素対策です。

うちでは Aquasana ブランドのフィルターをつけています。

これは半年くらいもつので、大着な私にはぴったりです。

日本では、ビタミンCを使ったフィルターをシャワヘッドにつけるのが簡単かも知れません

イオニックCシャワー


アマゾンで売ってますよー 😀  アドレスはここです ↓

https://www.amazon.co.jp/アラミック-イオニックCシャワー-日本製-【水道水に含まれる塩素をビタミンCで除去-ICS-24N/dp/B0006BLI40/ref=sr_1_1?s=home&ie=UTF8&qid=1502587708&sr=1-1&keywords=アラミック+イオニックCシャワー+日本製

 

それでは、皆さん、気持ちいいお風呂に毎日入って若返ってしまいましょう!

日本人であることに感謝です ‼️

Seigo

 

 

東大理学博士の研究者が日本の閉鎖された情報空間をブッた切る!

なぜ安心してコンビニやファーストフードで食べれないのか!
なぜ寿命は延びているのに認知症や寝たきりは増えるのか!
このサイトで解説していきます。
《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。