うつ病が10年続くと脳が変質する! 変質の正体は? 《論文速報シリーズ》

速報記事

イメージ(出展:サンサン/写真AC)

今日はLancet Psychiatryという科学論文からの報告である(2018年2月26日発表

10年以上長期にうつ病を患っている人は10年以下の人より脳が変質していることが発見された。

今日はこのことについてまとめたのでご報告したい。

 

何を調べたか?

長い間うつを患っている人の脳の変化具合を調べるために
カナダのトロントで3つのグループが比べられました。

・Aグループ:10年以上にわたってうつ病の症状がある25人
・Bグループ:うつ病の症状が出ている期間が10年以内の25人
・Cグループ:うつ病の症状がない30人

方法

 「脳の炎症」はミクログリア活性化のマーカーであるトランスロケータータンパク質(TSPO)総分布量(VT)をポジトロン断層法(PET)によって調べて求められた。


結果

  • Aグループ は、TSPO VTは、前頭前野皮質、前帯状皮質、および島皮質 において、Bグループよりも29~33%高かった
  • Cグループ比較して、Aグループのつの原発性灰白質領域において炎症部位が31-39%も大きかった。

解説

脳の脊髄中(脳の中の方)にある免疫細胞(ミクログリア)が存在します。

怪我をするとその細胞は活性化し、TSPO18 kDa-translocator protein)というタンパク質が増えます。

ある薬剤でTSPOタンパク質が増えているとPETの画像で見ることができます。

それでAグループはBグループより約30%TSPOが高かったという結果が得られました。

つまり長きに渡ってうつを患ってしまうと脳の炎症が増えるのです。

ということは進行したうつ病では従来の治療に加えて抗炎症の薬が必要になるだろうということです。


結び

炎症反応を起こしやすいものはよく口にする食品に入っています。

食事によく使う砂糖、小麦粉乳製品コンビニ製品に入っている添加物です。

しかしこういう食品の話は議論されず、症状を抑えるだけの治療薬ばかり開発されるのが現代の状況です。

実はうつ病は食事や生活習慣を変えることで治ってしまうかも知れないというのがの論文を読んだ私の感想です。

皆さんはこういう知識を知って、うつ病と無縁のハッピーな人生を送ってしまいましょう!

Seigo





参考文献

Association of translocator protein total distribution volume with duration of untreated major depressive disorder: a cross-sectional study

Lancet Psychiatry. 2018 Feb 26.






日本語サマリー

うつ病は進行し何年も患うことで脳は変質してしまう(Gigazine)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。