ローヤルゼリーのサプリ・原価率ランキング (山田養蜂場vs.DHC), 海外の製品も比較【DHC-サプリのミカタ】

健康増進

今回はDHCテレビの1つのシリーズである「サプリのミカタ」の最新の番組である「ローヤルゼリー編」についてまとめさせていただきます。

この番組はサプリメントをわかりやすく説明し、DHCに限らず他社が出しているサプリも分析して比較しているので、たいへん勉強になります。

ロイヤルゼリーについて

働き蜂と女王蜂の寿命の違いは
40倍くらいあると言われています。

働き蜂の寿命は約1ヶ月、女王蜂女王蜂は約2~3年です。

女王蜂の長生きの秘密が、ローヤルゼリーなのです。

実は働き蜂も女王蜂も孵化した時は同じ幼虫。

しかしローヤルゼリーを食べ続けることにより
女王蜂の体は働き蜂のおよそ2倍になり、寿命がおよそ40倍になるんです。

ローヤルゼリーは働き蜂が花粉などを集めて分泌する物質です。

タンパク質・糖質・脂質・ビタミン(B1・B2・B6・・・)・ミネラル(鉄・銅・亜鉛・・・)・必須アミノ酸など40種以上の栄養素が含まれる「完全食」と呼ばれるようなものになります。

チェックリスト:ホルモンバランス・自律神経の乱れ

さていくつ当てはまりますか?

 – 疲れやすい
– 最近、肌や髪の調子が悪い
– イライラすることが増えた
– 朝スッキリ起きられない
– 急に冷や汗が出る
(番組では「危険な働き蜂度チェック」と呼んでいました)

実は1つでも当てはまれば危険な働き蜂の可能性があります。

この項目はホルモンバランスや自律神経の乱れの症状をあげたものです。

原因となる病気が見つからない、いわゆる不定愁訴をチェック項目として表示したものになります。

ローヤルゼリーの購入者は7:3で女性が多いですが、男性にもいい働きが期待できる成分です。

今回比較するローヤルゼリー・サプリは?


– サントリー 『ローヤルゼリー+セサミンE』
– 山田養蜂場 『酵素分解ローヤルゼリーキング』
– やわた 『ローヤルゼリーゴールド800』
– DHC 『ローヤルゼリー』

<徹底比較>1日あたりの価格(2017年6月現在)

ランキング メーカー名
1日あたり価格
第1位 DHC 37.4円
第2位 やわた 108.0円
第3位 サントリー 198.0円
第4位 山田養蜂場 244.8円(1日3粒として)

<徹底比較>ローヤルゼリー含有量(生ローヤルゼリーの量に換算、1日の摂取目安)

メーカー名 ローヤルゼリー含有量 
サントリー 1,800mg
山田養蜂場 2,400mg
やわた 1,600mg
DHC 3,006mg

どうしてDHCは含有量が多いのにこれだけ安いのでしょうか?

DHCのローヤルゼリーは1995年に発売されたロングセラー商品で、同時3,100円(税込)で売ってました。

現在は税込1,123円になっていますが、企業努力として原料を一括で購入し大量生産し、1000万人を超える会員様方に支えられて薄利多売を常に考慮に入れてます。

⭐️ Seigoの補足:なんとDHCは企業努力によって2000円近くもお客のために価格を下げてくれていたのである。顧客が増えても価格を変えない企業が多い中、DHCはこの世知辛い時代に価格を3分の1も下げる私たちに提供してくれいるのである。こんなすごいサプリ会社は他にあるか?

<禁断の比較>原価と原価率


DHCは信じられないほど高い原価率48.4%です。

サントリーが原価率が低く販売価格が高いのは宣伝のコストも高いのでしょう。

容器の費用は以下のように計算されます

容器 原価 重さ
サントリー(プラスチックボトル) 53.2円 19g
山田養蜂場(ガラス瓶) 79.2円 79.2円
やわた(アルミパウチ) 9.5円 9.5円
DHC(アルミパウチ) 10.5円  10.5円

容器の密封性について – DHCがプラスチックボトルを使わない理由

ガラス瓶は高級感のようなイメージ的なものもありますが、重要なのは密閉性です。


ガラス瓶が高く、プラスチックボトルが低めです。

DHCは以前はプラスチックボトルを使用してましたが、密閉性・利便性を考慮してアルミパウチを採用しました。
サプリメントも大事ですが、容器も重要ですね。

わからないことがありましたら
DHC健康食品相談室0120−575−368まで

Seigoの追記

個人的には山田養蜂場は良さそうだったんですが、コスパがイマイチでした。
DHCはダントツでかなり試してみたい商品ですね!
DHCはデセン酸の量は分かりませんでした。
あとは日本のローヤルゼリーは全体的に品質がどうかなというところです(有機がありません)。

番外編

有機のローヤルゼリーが「サプリのミカタ」では紹介されてなかったので、海外で売られているロイヤルゼリーも調べてみました。

⭐️ 品質が良いのは有機のローヤルゼリーでこれは日本に売っておらず、iHerbから注文しないと手に入りません。

⭐️ 品質とコスパで言えば、アマゾンで売っているオーストラリア産の純粋ローヤルゼリ−1000がありまして1日に価格がたったの16.3円です。しかしローヤルゼリー含有量は1日分600mgしかありません(DHCの5分の1)。

 

結局どうやって選ぶか?

⭐️ ローヤルゼリー含有量で選ぶ人は「DHC」がいいでしょう。(以下の表にまとめました。ローヤールゼリーの多い順です)

⭐️ とにかくコスバの良いものを選ぶのなら1日16.3円の「オーストラリア産の純粋ローヤルゼリ−1000」です。

⭐️ とにかく品質の良いものが欲しいという方はiHerbで売っている「〔有機〕Y.S.Eco Bee Farms」。下のランキングで4位に入っています。

ローヤルゼリー含有量ランキング(8社比較)

順位 メーカー・商品名 リンク 1日あたりの価格 ローヤルゼリー含有量* デセン酸

1

DHC『ローヤルゼリー』 商品ページへ 37.4円

3,006 mg

2

山田養蜂場『酵素分解ローヤルゼリーキング』 商品ページへ 244.8円

2,400 mg

40 mg

3

サントリー『ローヤルゼリー+セサミンE』 商品ページへ 198円 1,800 mg

4

〔有機〕Y.S.Eco Bee Farms『ローヤルゼリー』 商品ページへ 29.9円 1,750 mg

5

やわた『ローヤルゼリーゴールド800』 商品ページへ 108円 1,600mg 17.6mg

6

California Gold Nutrition『ルイヤルジェリー』 商品ページへ 19.7円 1,500mg 90 mg

7

(オーストラリア産)ナチュラルライフ『ローヤルゼリー』 商品ページへ 16.3円 600 mg 12 mg

8

Now Foods『Royal Jelly』 商品ページへ 18.9円 600 mg 18 mg
* 1日の摂取目安。値は生ローヤルゼリーの量に換算してあります。

デセン酸とは – ローヤルゼリーが不老長寿といわれる理由

デセン酸は脂肪酸の一種で、自然界ではローヤルゼリーにしか含まれない成分です。

デセン酸の量が多いほどローヤルゼリーの質が高いとされ、公正取引協議会の指標成分になっています。

 研究結果  – 寿命を延ばす効果を発見
東京都健康長寿医療センター研究所と健康食品メーカー・アピが発表によりますと、線虫にデセン酸を与えたところ、寿命が最長で約12%延びたという結果がでました。同センターの研究員である本田修二さんによりますと「線虫の実験で寿命を延ばす効果が確認されたが、デセン酸のはっきりとした効能やどうして寿命を延ばすことができるのかというメカニズム、人間への効果についてはまだ研究中」とのこと。

デセン酸の量を分かっている範囲で上の表の一番右の欄に加えました。ご参考になさって下さい。

それでは、ローヤルゼリーの良い恩恵をたくさんもらって、長生きしてしまいましょう!

20余年アメリカで遺伝子治療&幹細胞の研究者をやってました。

アメリカ生活で学んだアンチエイジングなど健康に関する知識をシェアしたいと思います。

巷の情報もご紹介、時にはブッた斬ったりしてしまうかもしれません

またポイントなどの節約術や生活に便利なガジェット(スマホやアプリの紹介)も記事にしますので参考になれば嬉しいです

皆さん、ご一緒に「究極のヘルシーライフ」を楽しみましょう

《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。