ヒカリエ地下3階「いろは」新商品の写真/まめぞう豆乳プリンと喜界島ごま菓子の感想

健康増進

渋谷「ヒカリエ」地下3階の『いろは』に2018年7月に行く機会がありましたので、今日は最新の写真公開です。

渋谷「ヒカリエ」地下3階の『いろは』に2018年7月に行く機会がありましたので、今日は最新の写真公開です。

前回お約束した「おはぎ」は残念ながら売り切れでした 😔
いつ頃「おはぎ」は売れてしまうかをスタッフに尋ねたところ、週末は売り切れるのが早いとのこと。

平日は夕方まで残っている可能性が高いそうです。週末は早めに『いろは』に行きましょう!

まめぞうプリン (豆乳プリン)


『いろは』の玄米弁当売り場の近くに置いてありました。

商品の前にある説明をここにも書いておきます(ラベルの書き起こし)。

– 国産大豆100%。お豆腐屋さんがつくった豆乳プリンです。乳製品を使用しないシンプルな仕上がり。抹茶・黒ごまなどの和風フレーバーが豆乳とよく合います。

画像をクリック/タップすると拡大できます。


原材料名は上のラベルの周りに小さく書いてありました。

抹茶の原材料名:豆乳(国産大豆)、鶏卵、ビートグラニュー糖、抹茶、食塩

黒ゴマの原材料名:豆乳(国産大豆)、鶏卵、ビートグラニュー糖、黒ごま、食塩

 


も〜ぅよだれが落ちそうなくらいおいしそうなツヤかげんです! 黒ゴマだけ表面と中身の色が違ったので一番右の写真に載せておきます。

まめぞうプリンの感想

抹茶も黒ごまも超おいしかったです。食感はプリンという感じに仕上がっていて、やさしいテクスチャーと風味が口の中で広がります。ビートグラニュー糖なのでお砂糖より甘さ控えめでいいですね。

喜界島の黒糖を使った伝統菓子ごま菓子


ラベルの書き起こし:喜界島はその土壌の性質上、高糖度でミネラル豊富なサトウキビの名産地です。そんな喜界島の黒糖をたっぷり使用し、ゴマをからめた風味豊かなお菓子です。



原材料名:中双糖、ごま、黒糖、水飴
製造業者:(有)山口製菓、鹿児島県大島郡喜界町

喜界島ごま菓子の感想

思ったより硬いですが、ごまの風味が抜群です。ごま以外は中双糖(茶色いザラメ)、黒糖、水飴と糖分なのでどんだけ甘いのと思いましたが、そんなに甘すぎるほどではありませんでした。ごまの風味と味わいを堪能したいかたにはオススメのお菓子です。

以下の商品は購入せずに写真だけ撮らせていただきました。

ラベルの説明は見づらいので写真の下に書き起こしておきました(^^)

玄米スナック(黒ごま味)

画像をクリック/タップすると拡大できます。


ホタルの住む栃木県佐野市の里山で栽培した玄米もち米を使い、農家自ら作ったスタックです。玄米の栄養をそのままに、添加物は一切使用しておりません。はじけるような香ばしさのゴマ味です。

玄米スナック(国産えび)

 

画像をクリック/タップすると拡大できます。


ホタルの住む栃木県佐野市の里山で栽培した玄米もち米を使い、農家自ら作ったスタックです。玄米の栄養をそのままに、添加物は一切使用しておりません。国産えび100%使用しっかりえび味です。

国産米粉サブレー(プレーン)

画像をクリック/タップすると拡大できます。


富山県産米粉をベースに、玄米粉やきび糖や豆乳など素材にこだわり焼き上げたサブレです。

国産米粉クッキー(黒ごま)



富山県産米粉をベースに、玄米粉やきび糖や豆乳など素材にこだわり焼き上げたクッキーです。黒ごまを練りこんだ風味のあるクッキーです。

⭐️ ⭐️ ⭐️

また写真はありますので、第二弾へ続く・・・

20余年アメリカで遺伝子治療&幹細胞の研究者をやってました。

アメリカ生活で学んだアンチエイジングなど健康に関する知識をシェアしたいと思います。

巷の情報もご紹介、時にはブッた斬ったりしてしまうかもしれません

またポイントなどの節約術や生活に便利なガジェット(スマホやアプリの紹介)も記事にしますので参考になれば嬉しいです

皆さん、ご一緒に「究極のヘルシーライフ」を楽しみましょう

《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。