脳を鍛える5つの方法/認知症を予防するにはこれだ!【主治医が見つかる診療所】

速報記事

主治医が見つかる診療所
脳は何歳からでも若返る! 脳を活性化する極意5ヶ条
2018年4月19日(木) 19時53分~20時54分


番組の内容

65歳以上の3人に1人が「認知症」またはその予備群になる恐れがあります。

でもご安心を。 脳は何歳からでも鍛えることができます!

そこで今回は、名医や専門家が自ら実践する、“いつまでも認知症にならず”、“頭の回転が早いままでいられる”ための、誰でもカンタンにできる、最新の「脳を鍛える5つの方法」を発表!

脳を鍛える5つの方法

① 攅竹(さんちく)というツボを押す

・ツボの場所は眉毛の一番内側の部分。約20秒押したら休む(5セットほど繰り返す)

 

② 頭で考えならら運動をする

・横断歩道の白い所を意識してまたぐなど(約70cm暗いの歩幅)

 

③ 音読を1日10分程度する

④ ワインの香りを嗅いで記憶を探り具体的な言葉にする

・アルコールを飲めない人は、異なった味のポテトチップスを食べ比べる

 

⑤ 米ぬかをとる

フェルラ酸が入っており脳を活性化させる。

フェラル酸はぬか漬けにも入っており、ただその量は微量。

 米ぬか茶の作り方

1. 米ぬかをキツネ色になるまで から煎りする
2. 湯飲みに大さじ1杯いれてお湯を注ぐ

 

東大理学博士の研究者が日本の閉鎖された情報空間をブッた切る!

なぜ安心してコンビニやファーストフードで食べれないのか!
なぜ寿命は延びているのに認知症や寝たきりは増えるのか!
このサイトで解説していきます。
《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。