ヨーグルトと一緒に○○を食べると乳酸菌が大活躍!/○○油は加熱しないほうがいい【ソレダメ!】

速報記事

ソレダメ!
4月11日(水)夜6時55分

健康になる新常識! 最強食材SP


ヨーグルトと〇〇のフルーツと一緒に食べると乳酸菌が大活躍!

〇〇の答えは、ドライフルーツでした!

ドライフルーツは水分がない分、少量で食物繊維を多く摂れるから良いという事でした!

食物繊維が増えると乳酸菌が増えて活発になるそうです。

後藤利夫先生(新宿大腸クリニック)によりますと、ドライフルーツの中でもドライ・ブルーベリーが圧倒的に食物繊維がNo. 1で(食物繊維 17.6倍g、ドライブルーベリー100g中)、ヨーグルトを食べるときにはドライ・ブルーベリーをトッピングするのがよい。

> ドライ・ブルーベリー商品リスト(評価の良い順)【楽天】

○○油は加熱しないほうがいい

○○に入る油は4種類ありまして、

⭐️ 亜麻仁油(あまにゆ;英語でフラックスシードオイル)
⭐️ エゴマ油(生卵と一緒に食べるさらに良く、α‐リノレン酸の吸収を助ける)
⭐️ サラダ油
⭐️ ごま油

上記の油を加熱しないほうがいい理由
1. お腹の調子が悪くなる
2. 老化が進む

★ ごま油や、サラダ油は短時間の加熱なら問題ないが、長時間加熱すると過酸化脂質という悪い物質ができてしまう。

★ サラダ油はもともとサラダにかけるために作られた日本にしかない油

★ ごま油は煮物や炒め物などの仕上げに微量にかけるのがよく、香りを楽しむもの。

もやしは〇〇と合わせると披露回復効果が高い!

○○に入る食材は、「レモン」です。

もやしに含まれるアスパラギン酸は、レモンに含まれるクエン酸に働きかけ、疲労のもととなる乳酸の分解を促進し、疲労回復効果がより期待できる。

ちなみに梅干しにもクエン酸が入っていますが、レモンのほうが断然多いのです。

20余年アメリカで遺伝子治療&幹細胞の研究者をやってました。

アメリカ生活で学んだアンチエイジングなど健康に関する知識をシェアしたいと思います。

巷の情報もご紹介、時にはブッた斬ったりしてしまうかもしれません

またポイントなどの節約術や生活に便利なガジェット(スマホやアプリの紹介)も記事にしますので参考になれば嬉しいです

皆さん、ご一緒に「究極のヘルシーライフ」を楽しみましょう

《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。