若返りのコツ-7  遺伝子検査(葉酸代謝編)

アプライド・キネシオロジー(キネシ)によってホモシステインを下げるサプリメントをしていただいた際に、メチル化テトラヒドロ葉酸塩還元酵素( MTHFR )が働いていないのではないかと予測されました。

そこで遺伝子検査で調べて見ました。23andme(23アンドミー)というサイトからキットを取り寄せ、唾液を送れば2~3週間くらいで色々な病気のリスクから祖先のルーツまで自分の遺伝子の結果をインターネットで見ることができます。

23andMe: DNA Genetic Testing & Analysis

ただし病気に関連した情報はあまり 23andme からだけではよくわかりませんおそらくアメリカ食品医薬品局(FDA)が医学情報まで遺伝子解析会社が提供するのは信頼性に欠けると判断したので規制がかかっているものと思われます。

そこで 23andme から得られた遺伝子配列を他の会社のサイトに送無料で解析してもらうのが便利です

たとえばDNA のメチル化を調べるサイト MTHFR の遺伝子型を解析してもらえます

Genetic Genie | Methylation and detox analysis from 23andMe results

葉酸代謝に関する遺伝子の解析結果が以下です。



Seigo の葉酸代謝に関する遺伝子解析の結果


一番左に遺伝子名と調べた場所があり、一番右にその遺伝子型が書いてあります。緑色なら正常、黄色は1つが異常、赤が2つとも異常です。

黄色が多いので私の遺伝子はかなり葉酸代謝に関する遺伝子に変異が多いことがわかります。

・ 一番上の MTHFR C677T が肝心な部分ですが案の定つ壊れていました(ヘテロという)。しかしジョー先生によるとそこから3つ下の MTR A2756G 遺伝子が正常なのでホモシステインの代謝はそんなに悪くないだろうということです。

・しかし他にも、ホモシステインをメチオニンに変換する酵素(BHMT)やホモシステインをシスタチオニンに変換する酵素(CBS)にも所々に変異が入っているので、これらの総合評価としてホモシステインは上がりやすいがサプリなどで対処できる範囲であることも分かりました。

この結果によってキネシは見事私の遺伝子配列の変異までも言い当てたことになります。キネシの正しさは遺伝子検査でも証明されたことになります。ジョー先生のキネシは何という正解率でしょう! (そういえばすでに5年くらいジョー先生のクリニックへ通っていますが、ハズレた記憶がありません。)

それでは皆さんも遺伝子検査でいち早く変異を発見し老化&病気予防をしてしまいましょう! 😙 👍

Seigo