Amazonギフト券チャージで最大3,330円(3.7%還元)を得る方法とは?/nanaco経由でクレカ払い可能

Apple/LINE 関連情報

今回はアマゾンのギフト券チャージで最大3330円得る方法をご紹介します。

ギフト券チャージを利用したことがある方も多いと思いますが、通常9万円をチャージした場合2.0%の1800円しかつきませんが、ちょっと工夫すればさらに1530円分が増量される方法があります。

チャージの各ステップの説明と、どこを工夫したかが分かるように図解しましたのでご覧下さい。

画像はクリック/タップで拡大できます。


それでは1つ1つステップをご説明させていただきます

ポイントアップの2つの工夫

1つ目はAmazonプライムのお試し期間にチャージすることです

お試し期間は約1ヵ月間を利用してチャージしてしまうことです。
この方法はAmazonの利用細則の適用条件に入っています(下のスクリーンショット参照)のでご安心下さい。

画像はクリック/タップで拡大できます。


上記のようにプライムの本会員でなく無料体験者でもポイントをもらえることがわかります。

これにより、ポイント付与率を2.0%から2.5%へ上げることが出来ます。


でもプライム会員になる必要はないのです。無料体験の1ヵ月のうちに注文しても2.5%なのです。

9万円をチャージすれば1800円(2.0%)から2250円(2.5%)へ引き上がりかなりおトクです。

2つ目はコンビニではnanacoかWAONを利用して支払うことです

画像はクリック/タップで拡大できます。


次にAmazonのコンビニ払いの説明を見ますと「お支払番号」を使って入金すれば「好きな支払い方法を選んでよい」と書いてありますので、nanacoやWAONのクレカチャージの使用がOKなのです。

しかしこれに気づく人は少ないでしょう。
この記事を見つけたあなたはついてます 😁

⭐️ nanacoへのチャージする時になるべく還元率の高いクレジットカードを選べばさらにお得だということです。しかしすべてのクレカがnanacoへのチャージに対応しているわけではありません。この記事ではnanacoにチャージできて一番還元率の高いクレカを下で紹介していきます。

ポイント付与までのステップ

画像はクリック/タップで拡大できます。


 

間違えやすい点 – チャージミス

上のポイント付与までのステップをよく見ますと、このAmazonによるチャージ方法はクレジットカードやEdy、Suicaなどの電子マネーの使用はできませんと書いてあります。

おそらくクレジットカードを使用するとクレカの会社に手数料が取られてしまい2~3%の利益をAmazonが失ってしまうからでしょう。

この取られてしまう手数料をAmazonは自分の顧客に還元しようとする良心的な制度が「ギフト券チャージ」なのです・・・と私は思っています。
なのでAmazonに感謝しながら利用したいものですね。

Amazonギフト券チャージで最大3,333円(3.7%還元)を得る方法

プライム会員に一時的になる(最初の1ヵ月は無料お試し期間)

アマゾンのサイトに行ってお試し期間だけプライム会員になりましょう。

Amazonプライム申し込みページへ

(プライム会員申し込みページに飛ぶようにリンクを貼っておきました)

すでにプライム会員の方はそのまま次へ。

ギフト券チャージの方法

Amazonギフト券チャージページへ

– ページが開いたら「チャージ(入金)」のボタンをタップします。


– 次にチャージする金額を選びます。

vv
有効期限が10年ありますので、1年で9千円以上Amazonで使っている方は9万円を選んでも10年間で使ってしまうでしょう。
月に換算すると750円/月に使っている人は10年間で9万円となります。

そんなに使わない人は低いチャージ金額を選びましょう。
ただし金額が低くなると還元率が少なくなります。

お支払い方法は「クレジットカード払い」を選ばない

上記でも申し上げました通り、いつものように「クレジットカード」で支払ってしまうと全くポイントが付かないのでお気をつけ下さい。
いつもの買い物では素早く素通りするページだと思いますが、しっかりと「コンビニ・ATM・・・」払いを選びましょう。

注文を確定する前に支払い方法を確認

画像はクリック/タップで拡大できます。


(1)支払い方法が「コンビニ・ATM・・・」になっているか確認
(2)そして最後のステップである「注文を確定する」をポチっと押して下さい。

2通目のメールに「支払い番号」が入っています

画像はクリック/タップで拡大できます。


最初のメールは「ご注文の確認」だけのお知らせです。
約1分後に2通目の「支払い番号」のメール受信しました。
下のような内容です。

画像はクリック/タップで拡大できます。


支払い番号は 3136-8・・・となります。

この11ケタの番号をコンビニに持っていってもいいですし、私はバーコードを自分のスマホに表示させるのが好きなので〔紙に印刷する必要がないので〕上の図のように「お支払い方法別の手順」という所をタップして次に行きます。

画像はクリック/タップで拡大できます。


オススメはセブンイレブンで払う方法で、交換率のクレジットカードでnanacoにチャージすれば良いのです。

ここでおすすめのクレカは年会費無料のリクルートカードです。通常のクレカはチャージで0.5%くらいしかつきませんが、リクルートカードなら1.2%がつきます。この業界の最高還元率です。

1.2%ですと9万円チャージしますと1080円分がキャッシュバックされます。よって上記のアマゾンのチャージサービスと合わせて3330円を得ることが可能となるわけです。

> リクルートカード(年会費無料)を公式ページでチェックする

セブンイレブンでの支払いの仕方に戻りますが、上の図にあるセブンイレブンのマークをタップするだけで振り込み番号が表示されますので、それを店員さんに見せるだけです。「nanacoで(支払います)」と告げるだけです。

他の方法だと11ケタの番号をコンビニにある端末(ATMのような専用装置)に入力しバーコードを印刷する必要があります。(私はこの方法は紙が無駄になるのであまりやらないようにしております。)

他にもMiniStopWAON支払いが使えます(※制限は上限は5万円まで;WAONカード2枚以上は使用は不可)ので、イオンカードなどを使ってWAONにチャージすればポイントの二重取りが可能なはずですが、まだ試したことはありません。機会がありましたら試してみたいと思います。

> WAONチャージでポイントが付くイオンカードセレクト(年会費無料)を公式ページでチェックする

支払い後のメール


このようなメールが3通目に来ます。

Amazonが支払いを確認したので、9万円がまもなくシステムに計上されるでしょう。

お待ちかねの2.5%分のポイント(2250円分)は次の月の中旬に付与されるそうです。

そうすると合計92,250円分がギフト券として計上されるはずです。

リクルートカードの使い方の知恵:nanacoへのチャージ限度額3万円を突破する方法

画像はクリック/タップで拡大できます。


リクルートクレジットによるnanacoへのチャージが2018年4月16日より3万円と制限されてしまいました。
どういうことかというと、3万円以上をnanacoへチャージしても、1.2%の還元はつかず0%ということです。
1ヵ月3万円なので毎月3万円チャージして3ヵ月待てば9万円になりますが、Amazonの支払い番号の有効期限は5日なので素早く終えたいところです。

これを素早くするにはリクルートクレカを複数使うことです。
私はもともとVISAのリクルートクレカは持っていたのでマスターカードを申し込んでみました。
すぐに発行されて、2枚のカードで3万円ずつnanacoへチャージできました。

> リクルートカード(年会費無料)を公式ページでチェックする

nanacoにどうやって2枚以上のクレカを登録するか?

nanacoは2枚のクレカを登録できませんが、クレカ番号を変更するという形で新しいカードナンバーを入力すると24時間後に使えるようになります。その方法で3万円ずつチャージできます。

2回のチャージを1枚のリクルートクレカで済ませたい場合

リクルートカードの決済日は16日から翌月の15日なので、1回目の3万円チャージを15日済ませ、16日になったら次の3万円をチャージすれば2ヵ月分のチャージを2日で済ませることができます。ただ私はやったことはないので気をつけて管差愛。決済日などをインターネットで確認しながらやれば実行可能だと思います(たとえば先月の決済期間がしまってリクルートポイントなどが加算されるのを確認してから、次の分をチャージします。)。

とりあえずこういう時間かかる方法をとる時は、Amazonギフト券をチャージする前に前もって計画を立てておきましょう。(注文してから入金期限は6日程度と短いので)

リクルートカードの2〜3枚持ちは可能か?

ネットの情報を見るとリクルートクレカ2枚持ちは問題なくうまく使えているとうかがっていますが、同一人物で3枚持ちでないも問題ないかの情報は見つけられませんでした。
そこで3枚目は別の人(家族の親や配偶者)にリクルートクレカを使わせてもらいモバイルnanacoを使用するとうまくいった例を今回紹介させていただいております。

家族のリクルートカードとnanacoモバイルを借りる

家族(配偶者や親など)がJCBのリクルートクレカを持っていたので、nanacoモバイルに3万円をチャージしてもらいました。
nanacoでの支払いは複数のnanacoを(カードでもモバイルでも)利用することが出来て、しかもnanacoの持ち主は誰でもいいということなので、これの方法で支払いが可能なのです。

nanacoと3枚のリクルートカードで9万円の支払いに成功

というわけで無事に3万円しか使えないリクルートクレカでもnanacoで9万円の支払いは素早く終えることに成功しました。
以上の方法で9万円のチャージで余分な費用をかけずに3330円をゲット出来たわけです。
(Amazonからのポイント付与は9月中旬になりますので結果きましたらこのページで発表します。)

 

 

20余年アメリカで遺伝子治療&幹細胞の研究者をやってました。

アメリカ生活で学んだアンチエイジングなど健康に関する知識をシェアしたいと思います。

巷の情報もご紹介、時にはブッた斬ったりしてしまうかもしれません

またポイントなどの節約術や生活に便利なガジェット(スマホやアプリの紹介)も記事にしますので参考になれば嬉しいです

皆さん、ご一緒に「究極のヘルシーライフ」を楽しみましょう

《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。