EU(欧州連合)はAppleにLightningケーブルをUSB Type-Cへと切り替えるよう要求

Apple/LINE 関連情報

EU委員会によれば、スマートフォンのコネクターは、USB Type-C、Micro USB、Lightningケーブルなど様々なタイプがあり、新機種への移行やメーカーを変更するたけでデバイスに合わなくなる可能性が多々あり、そのため充電ケーブが破棄される量は毎年 51,000トンにのぼっています。

AppleはUSB Type-Cで標準化することに合意

そこでEU委員会はAppleにLightningケーブルをUSB Type-Cへと切り替えるよう要求しました。

そしてAppleは数カ月前にGoogleやソニー、LG、Samsung、Lenovoと共に、2021年からすべてのスマートフォンの電源コネクタをUSB Type-Cで標準化することに合意する了解覚書(りょうかいおぼえがき)にサインしました。

サインしたからといってAppleがUSB Type-Cを実際にiPhoneに採用するかは決まっていませんが、Business Insiderは早ければ2019年にもLightningが廃止となる可能性があると指摘しています。

Seigoの追記

アップルは2021年までにUSB Type-C標準化することで合意したそうですが、私はアップルはUSB Type-Cでを採用しないのではないかと思います。

それより2021年まではすべてワイヤレス化が進み、もうケーブルなんか必要ないのではないかと予測します。

すでに充電はワイヤレスで出来ていますし、イアホンもワイヤレス化が進んでおります。

3年後、つまりAppleがなぜ来年ではなく2021年という3年後にしたのでしょうか?

それは完全「ノーケーブル化」に自信があったからでしょうね。

 

参考資料:

20余年アメリカで遺伝子治療&幹細胞の研究者をやってました。

アメリカ生活で学んだアンチエイジングなど健康に関する知識をシェアしたいと思います。

巷の情報もご紹介、時にはブッた斬ったりしてしまうかもしれません

またポイントなどの節約術や生活に便利なガジェット(スマホやアプリの紹介)も記事にしますので参考になれば嬉しいです

皆さん、ご一緒に「究極のヘルシーライフ」を楽しみましょう

《もっとくわしいプロフィールをみる》

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。