究極のヘルシーライフ

体にベストな食事はなに? 若返りをしてしまう生活スタイルはあるの? 人生を豊かにする考えは? ここは若返りをめざすことによって、体をいたわり、より良い人生をエンジョイするための情報サイトです。

若返りのコツ

若返りのコツ-4.1 口内フローラを増やす♪

投稿日:2017年9月10日 更新日:

先日は腸内フローラの話でしたが今日は口の中の話です。

口の中の悪玉菌として虫歯菌、歯周病菌が有名ですが歯石を形成する細菌います。

歯垢には300種類もの菌がいてその中の約1020種類が歯周病の原因と考えられています。

これらは夜に活発に増えお腹に入って悪さをしたり心臓病や糖尿病などの原因となったりするので「朝食の前にうがいをすることが大切であると最近言われるようになりました。

腸内フローラはヨーグルトなどの摂取によりケアしているのに、なぜ口の中はしないのでしょう

寝る前に口の中の善玉菌を増やして、虫歯菌や歯周病菌の繁殖を抑えて、「安心」という方法をご紹介します

方法はチョー簡単!

寝る前に口用の善玉菌サプリをなめるだけです!

これがアメリカで売っている口内専用のサプリです。

タブレットの中には菌が詰まっていて寝る前に口の中で溶かすだけです。

 


入っている菌:


  • Lactobacillus acidophilus
  • Lactobacillus reuteri
  • Lactobacillus paracasei
  • Lactobacillus salivarius(唾液中に存在、歯周病菌を抑制)
  • Streptococcus thermophillus
  • S. salivarius BLIS K-12(天然抗菌物質BLIS、サリバシンABを作り悪玉菌を抑制。全人口の2%の人が持ってる菌で口臭がない)
  • S. salivarius BLIS M-18(天然抗菌物質BLIS、サリバシンABを作り悪玉菌を抑制。全人口の2%の人が持ってる菌で口臭がない)

その他、カルシウム 5mg, 亜鉛 (from Zinc Citrate) 3mg

しかもこれが甘くて美味しいんですよね! イチゴ味 😄

私は4ヵ月ごとに歯石を取ってもらってますが、善玉菌のタブレットを使ってから歯石があまり大きくならなくなりました。これは非常にありがたいんですよね。なぜって歯石を取るときはもううめき声が出てしまうくらい「非常に痛い」からです。歯石が小さく抑えられれば、麻酔もイラナイしそんなに痛くないので、私はとても助かっています。

それでは皆さんも、フローラも整えてますます若返ってしまいましょう!

Seigo

-若返りのコツ
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

若返りのコツ-10.1 本当の生クリーム

若返りのコツ-10 では生の牛乳の話をしたので、次は生クリームにしたいと思います。 LA のヘルスグローサリーにはありがたいことに2箇所の牧場からの生クリーム販売して下さっています。 英語名は単純に「 …

若返りのコツ-5.1 コンブチャ(高級品ではない、1ボトル約300円!)

晩酌(ばんしゃく)に最適なコンブチャ。青く光るワイングラス使用! リビングフードの話題になりましたので生きている菌をおいしいドリングとして飲めるコンブチャの話をしたいと思います! 日本でヨーグルトが流 …

若返りのコツ-9 小麦アレルギーに対する遺伝子&抗体検査

ALCAT テストでは小麦(グルテン)や牛乳に対するアレルギーが疑われたので、さらに特定するために便の検査をしてみました。 これは今までの検査と比べて結構たいへんでした。 なぜなら箱いっぱいの大便を  …

若返りのコツ-2 不純物(塩素)の入っていない飲料水

さて、空気の次に大切なものは「水」です 日本では「塩素」が水道水に入っています アメリカでは「塩素」に加えて、「フッ素」も入っています 水を殺菌するためにこれらの物質は入っているということですが、 私 …

若返りのこつ-3 消化の強化に生(なま)の食品の酵素を利用する

私は老化のもっとも主な原因の一つは、30代以降に腸が弱ってきているにもかかわらず今まで通り食事を食べ続けていることだと思っています。なぜ腸が弱ってきてしまうかというと、それは体内の消化酵素が減るからだ …