イルカの大群が信じられないジャンプ→その後「新燃岳」が噴火!大地震の前兆か?

速報記事

イルカ(ミナミハンドウイルカ)がグループで信じられないほど高くジャンプしていたのが鹿児島県垂水市の海岸で3月日に発見されました。



上に高く飛ぼうとするイルカ(動画は日テレNEWS24で見れます

次の日(3月日)新燃岳(しんもえだけ)から激しく噴煙が出はじめて、6日に7年ぶりの爆発的噴火が起きてしまった



新燃岳=10日午前1時55分 (産経WEST


この場所は非常に近かったことが地図から分かります

イルカ君たちはジャンプで噴火を表現してお知らせしてくれたのでしょうか。


これは7年前の3.11の時の状況と類似していのです

その時は新燃岳が2011年1月下旬から爆発的噴火が起こりました。

またイルカ50頭が茨城県の海岸に打ち上げられ地震の前兆かと騒がれてました。今回は座礁じゃなくて元気にジャンプしていますが、噴火と大地震が関連するかもしれないと思うと・・・

イルカは私たちに地震警告してくれているのでしょうか?

避難の確認や準備をして備えておきましょう。





参考資料

イルカ大群が一斉ジャンプ 驚異行動捉える(日テレNEWS24, 2018年3月7日 )

新燃岳が爆発的噴火 大きな噴石が1・8キロ先まで、警戒範囲を火口4キロに拡大(産経WEST, 2018.3.10)

産経WEST

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。