[ いぬ年特集 – 3 ]  がんや糖尿病をかぎつける犬たち

犬の嗅覚はすばらしいですね

(1)糖尿病における低血糖を感知可能

血糖値が 65mg/dL未満を低血糖として、それをかぎ分けてしまいます。訓練された犬は低血糖で倒れた患者さんを揺すっても反応しないは救急車を呼ぶことができ、患者さんが反応を示せばなんとオレンジシュースを冷蔵庫に取りに行き手渡すのだそうです

 低血糖の検知率は 97.5 %とかなり高く十分実用に耐える結果となりました。

参考記事:

低血糖アラート犬1型糖尿病患者の低血糖を感知し、意識消失や緊急通報回数が減少

(2)「がん」を嗅ぎ分けられる犬も登場

悪性腫瘍を持った人の共通の匂い嗅ぎ分けるのだそうです。

検知率はなんとほぼ 100%

参考記事:

がん判定 DOGLAB

– がん探知犬の実力(正確さ)とは?申し込み方法や費用も気になる! | モコトピ

しかし検査費用は 5万円だそうです。

尿のサンプルを送って検査して頂く方法です。

犬に匂い嗅いでもらうだけなので無料だと思ったのですが・・・

何はともあれ犬たちの能力には脱帽です。

私たちを精神面で支えてくれるだけでなく健康面からも助けてくれるなんて誠にありがたい存在ですね。

Seigo


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Hey there! I could have sworn I’ve been to this website before but after checking
    through some off the post I realized it’s new to me.
    Nonetheless, I’m definitely happy I found it
    and I’ll be bookmarking and checking back often!

    • Seigo より:

      Thank you for your comment!
      Currently I post the blog in Japanese, but hopefully wanna make English version some day.
      Seigo